セラピストを始めて。マッサージに対するイメージが変わった!?

マッサージへのイメージ(概念)

今回は、ハーモニーアロマに所属する、セラピストの方にお話しをうかがいました。

1人のセラピストのリアルな言葉を、できるだけそのまま書いてみました。

マッサージに対する概念?イメージ?

「押す、揉む=マッサージ」

私は、リラクゼーションのお仕事を始める前は、そんな風に思っていました。

今、仕事にしていて思うのが、やっぱり、身体の筋肉がほぐれたら疲れが取れるといのは、当然あるのですが、身体がほぐれたら心も緩むというか、リラックスできるんだなぁっていうのが思ったことで、

なんかうまく言葉にできないのですが(^^ゞ

新人の頃は、「お客様がなんか変わらなかったなぁ…」て、いうのもあったのですが、

ホントに、人が、その表情がほころんだ瞬間をみれたことが、この仕事のやりがいに繋がって、最初の自分の概念と大分違って。

お仕事の原動力

でもセラピストを選んだ人は皆、そこがお仕事を続けている原動力なのかな、とか、自分も癒されているのかなって。

疲れてるって自覚してくる人もいるけど、自分は元気だよって言ってても、実は疲れてる人もいるので(^^ゞ

お客様がほんとに安らげる空間だったり、次の日から、また元気に頑張ろうって思ってもらえるような、やっぱり、ハーモニーアロマはそんな場所でありたいかな。

まとめ

個人的には、リラクゼーションは、なんて言ったら、いいのかなあ。

たとえ治療でなくても、与えられた時間の中で、心からゆっくりくつろいでもらいたいなって。

 

と、いうお話しでした。

リラクゼーションというお仕事への概念も、セラピストそれぞれ、そして時と共に、少しずつ異なるところもまた面白いのかもしれませんね。

求人採用のエントリーはこちら

求人採用/エントリー